未分類

        

ガンプラ製作致します。

category - 未分類
2017/ 02/ 18
                 
gp0101
画像はRG 1/144「ガンダム試作1号機フルバーニアン」です。

gp0102頭部は頬を削り小顔化、ヒサシと額の赤いパーツを削り劇中のイメージに近づけてます。

gp0103
gp0104

こちらの制作費は3000円より承っております。その他プラモデル(スケールモデル・キャラクターなんでもOK)も製作承りますのでまずはご相談ください。ではでは。
                         
                                  
        

モデラー求む!!

category - 未分類
2017/ 02/ 13
                 
一緒に模型販売してみませんか?
というわけで、複数名で趣味と実益(出るかは…本人次第)をかねた模型(ガンプラ・フィギュアなんでも)ウェブショップを立ち上げたいと思っております。

まだ詳細は決まっておりませんが、商品を持ち寄ったりするのではなく、お客さんと販売者さんが直接やり取りをしていただく形、コミュニティを広げる場としてやってみたいと思っております。3月~4月までには始動予定。

基本的に自分で作ったものはなんでもOK(注:版権ものは加工品以外はNGです)

模型販売してるけどお客さんが来ない…という方も、すでに千客万来の方も、是非ご参加ください。
参加希望の方は上記メアドもしくはコメントください。


                         
                                  
        

category - 未分類
2017/ 01/ 01
                 
balvsoo
あけましておめでとうございます。
遂に2017年、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
新年第一発目はただのコラージュ…もとい前回UPしたガンダムVSガンダム風画像第2弾です。
本当はヘブンズソードにしたかった…酉年だし。ゼロカス完成してれば…最早語るまい…

画像加工は割と簡単で、写真と合成すればお手軽にリアルな画像が作れます。素組みでもバリバリフルチューンに出来ます。応用でカラーリング検討なんかも出来ると思うのでお勧めです。とりあえず素組みで作って画像加工しながら改造方法を考えるのもありかと。


ちなみに元画像がコレ(明るさ補正も何もナシ)
motogazou
加工はペンタブに付いてたソフト、「Adobe Photoshop Elements(だいぶ古いヤツ)」を使用してます。画像加工方法は検索すれば出ると思いますので省略いたします。そもそも画像加工は語るほど知識ございません。ちょっと砂埃だしすぎて、風景が有耶無耶になってしまいました。

次回は横道に逸れなければウイングゼロの続きになるかと思います。

それでは

今年もよろしくお願いいたします。
                         
                                  
        

2016最後のあいさつ

category - 未分類
2016/ 12/ 29
                 
v2vsfreedom
当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。気が付けばもう年末、コメントをたくさんいただき、大変励みになりました。また訪問いただいた方々にも多大な感謝でいっぱいです。来年も楽しんでいただけるようなガンプラを(今のところガンプラばかりですが、来年は他のジャンルも紹介できればと思っております。)お届けできればと思います。来年の抱負になってしまいましたが、来年こそは、ウイングゼロカスタムを完成させたいです。今年もまだ作り続けてますが、中途半端に完成させたくはなかったので、もうしばらくお待ちください。

それではよいお年を。
来年もよろしくお願いします。
                         
                                  
        

PG 1/60 ウイングガンダムゼロカスタム改造製作記3

category - 未分類
2016/ 11/ 07
                 
wzb03-01
ご無沙汰しております。訪問してくださった方々、厚く御礼申し上げます。
さて、遅れ馳せながら前回の続きを書いて行きたいと思います。なお製作途中のため、削りカスや汚れ等あり、お見苦しい所あるかと思いますが、ご容赦いただけますようお願い申し上げます。
まずウイングの小羽部分から
wzb03-02
wzb03-03
wzb03-04
キットの小羽を参考に1mmプラ板から切り出し2枚重ねで2mm厚のものを自作。ヒンジ可動で前後上下に動かせるようにしてます。非効率な作り方をしたため、しんどい作業でした。レジンで複製すればよかったのですが、厚さが均等にできそうになかったので。手間がかかりましたが、それっぽくなったかと。(裏側はヒンジが目立ってメタメタですが…)主翼部分も前回から一部形状変更して可動範囲を広げてます。イメージ的にはマント付けた中世騎士な感じなので、翻ったりする動きを再現するのが目標でしたが、何とかクリアーできたと思います。

wzb03-05
腰サイドアーマー
ラインに沿って切り離し、可動式に。切り離すのは面倒ですが、可動自体はフレーム上部に1mmの切れ目を入れ、1mmプラ板をはさむだけのシンプルな構造。オープンハッチモデルや発動モード的な遊びを入れてみました。

wzb03-06
wzb03-07
ついでに胸部、メインカメラにも開閉、展開ギミックを追加してみました。仮組みなので鉄線がはみ出たり、ついてないパーツあったりします。ご了承くださいませ。デザインは若干アレンジ気味に。腕も少しだけデティールアップ。今更なキットなのでプレーンなものは避けようとやってみたのですが、収拾がつきませんでした。足は全くの素組みです。

wzb03-08
指が長すぎてゴッドハンド大虎みたいになってたので、先端で短くして整形しました。各関節全て長すぎるのですが、さすがに全部短くは無理なので妥協。

wzb03-09
早く小奇麗にしてあげたいのですが、いかんせんBIGなのでなかなか作業進みません。羽付けたら余計デカブツ感が…
次回はざっくり作った部分の修正などしていきたいと思います。それでは。