未分類

        

フルスクラッチ ガンダムF91 制作記3

category - 未分類
2017/ 05/ 08
                 
f301
ヨドバシカメラでポチったLEDが即届きましたので早速組み込んでみました。

f302
エーモン工業のLEDライト5mm砲弾型。車用。250円前後で2個入り抵抗付き。F91なので迷わずブルー一択。抵抗はDC12V車用ですが、コイン電池直結でもちゃんと発光しました。アマゾンで海外製100個入り300円前後のもありましたが、到着3週間もかかるそうなので止めました。抵抗付きでこの値段、発光具合もいい感じなので満足。拡散レンズなのでわざわざ荒らす手間も省けます。

f303
このスケールで中央1個配置だと発光が弱いので左右カメラアイ各1個ずつ配置しました。

f304
前回より頬のラインを変更、若干小顔にしてます。ヘルメット部も内側に左右1mmずつプラ板を貼ってより小顔に。

f305
f306
f307
光ってるだけで高級感が出ますね。電飾楽しい♪(/・ω・)/ ♪それでは。
                         
                                  
        

フルスクラッチ ガンダムF91 制作記1

category - 未分類
2017/ 05/ 02
                 
f101

今回はいつかやってみたいと思っていたF91のスクラッチ。
インパクト抜群なこのイラストを基に作っていきます。

f102
取りあえず頭部途中まで制作 主にプラ板の箱組み。
修正にはラッカーパテ、エポパテを使用。余談…でもないですが、ラッカーパテと瞬間接着剤を併用するとプラ材ガッチリ&素早く固定できます。

f103
組み立て後
異様にデカイ…昔クレーン景品でゲットしたヘッドディスプレイモデルより少し大きいです。胸像もしくは頭部のみになる予定。

f104
正面
フェイスオープンはオミット。口?を開口し、中にそれっぽいフィン状のパーツを付けてます。見えないけど…
特にアレンジはせず、当時見たままのイメージで作ってます。

f105
f106
バルカン砲のデザインは特異でカッコイイですが、作るのは大変。インテークと一体化している上、凹んだり出っ張ったり…。まだ出来てませんがこの後パテ盛ったり削ったりで成形予定。

しかし開発コストが高すぎる…20グラム700円前後の瞬着が瞬殺。今回はここまでです。それでは。
                         
                                  
        

リンクさせていただきました。

category - 未分類
2017/ 04/ 17
                 
てかとさんのブログ「俺は楽をしたい」とリンクさせていただきました。
こちらのブログで精神を汚されたらてかとさんのところに行ってみてください。だいぶ癒されるかと。
内容は日常ネタですが面白いです。絵もポップで明るくていいです。文章も面白くて文字書くの苦手な自分には羨ましい限り…
是非どうぞ。それでは。
                         
                                  
        

GP03続き

category - 未分類
2017/ 04/ 11
                 
DSC00574

それほど進んでないですが…ネタがないのでイノセンティア(改)をタミヤ製1/12 SUZUKI GSX-1100R カタナに乗せてみました。昔の模型は5箇所くらいしか動かなかったのに…余裕でハングオンできます。
DSC00582
DSC00584
フォールディング・アーム
差し替え式。アーム部を可動式に改造しました。

今回はこれだけです。スイマセン。コンテナが割れてたりして製作には時間が掛かりそうです。それでは。

                         
                                  
        

コトブキヤ EVA-弐号機(壮絶技巧版)製作記F

category - 未分類
2017/ 04/ 09
                 
e801

細かなところの解説を少しいたします。頭部はセンサー部にG-Option のオーロラステッカー(10年くらい前に購入)を使用しました。貼るだけで便利ですが、下の色がもろに透けるので、貼る部分にあらかじめ蛍光グリーンを塗ってます。

e802
腕ラバーは動かすと塗装面が割れてしまうのでちょっと残念です。いっそ対ゼルエル仕様に…

e803
アンビリカル・ケーブル
ご紹介しておりませんでした。

e804
オーヴァー・ザ・レインボウ…ではないですが、ついでに。スケールが全然ちがうので思いきり合成です。ほとんど見えませんね。おまけにピンボケ画像を使用してしまいました。スイマセン。
適当なので境目とか荒いですが、雰囲気だけでも味わっていただければ良いかと。

以上コトブキヤEVA-弐号機(壮絶技巧版)製作記でした。次回はデンドロビウムの続きです。それでは。