ガンプラ

        

完成!?ウイングガンダムゼロ

category - ガンプラ
2017/ 02/ 04
                 
pz01












pz02
・・・がっかりさせてすいません。MG 1/100 「ウイングガンダムプロトゼロ」です。

pz03
pz04
ゼロのバリエーションは武田晴信と武田信玄ぐらいの違いだと思ってたのですがネットで調べると…何、違うの?えーと何々、プロトゼロはゼロ(EW版)のプロトタイプでTV版ゼロとゼロ(EW)が同一機体だ・と?…それじゃあプロトゼロが無印ゼロの先行試作機になるの?(サンドロックと宇宙型サンドロックの違いみたいなもん?)たしかにウイングゼロは序盤と後半でマシンキャノンの開閉方が変わってるし途中で改修を受けてても不思議じゃないですが。ただ、どうしてあんな羽になったのか全く理解できまへん。Ver.○○で良かったんじゃ…とか、いっそ図面上の機体でいいじゃんかとか言ったら商売にならんのか…世知辛いすね。

pz05
頭部
微妙に弄ってます。どう弄ったかわかる方はガンプラ通。もともと出来がいいので素組みで問題ないのですが、昔から頭部は少しでも弄らないと気がすまない性質。思えば頭部を最初に弄ったのはHG(HGUCじゃなくて20ウン年以上前に出た方 すでに絶版)ファーストガンダムでした。ヒサシにエポパテ盛っただけのお粗末なものでしたが(笑)。初回生産版には改造作例を紹介した冊子が付いてたんですが、発売からだいぶ経って購入したため付いてませんでした。それでもパッケージ横の完成見本写真を見よう見まねで作ってたような気がします。気が付けば今に至るといったところ。
pz06
耳を外してもイケメン。なんかνガンダムに見える。

pz07

本キット最大のネック(首だけに)ここだけ唯一気になりました。キットのままだと首パーツ外さないとパッケージのように見下ろした感じに出来ません。上面と顎裏を削って可動範囲を少し広めました。

pz08
pz09
カラーリングは好き勝手に変更。プロトタイプということでプロトタイプガンダムを意識したつもり。腰・腹は赤がドギツイのでグレーや青にして爽やか系にしてやりました。個性が無くなった気もしますが…
ニュータイプ誌で見かけたイラストのカラーが印象的だったのですが、どんなのか思い出せず結局適当な感じに。おなかは確かこんなんだった気がする…

pz10
pz11
ネオバードモード
シールドにキャノピー風バイナルグラフィックス的なもの?を施して見ました。NASCARのバイナルみたいで個人的にはこういう表現は好きです。

pz12


最後に

ゼロカスの完成を期待してくださった方、本当にサーセンした!!!お約束どおり横道それました…生きているうちには完成させたいと思います。それでは
                         
                                  
        

バンダイPG 1/60 ウイングガンダムゼロカスタム改造製作記5

category - ガンプラ
2016/ 12/ 24
                 
wz501
初っ端から渋谷の交差点ぐらいの勢いでスルーされそうなばっちい画像で心が折れそうですが、ゼロカスの続きです。なお今年中に完成なんて大口言ってすいません。無理です。今回で今年最後の記事になると思います。

wz502
胸部マシンキャノン。キットのままでも結構なのですが、折角なのでスライドギミックを追加してより存在感をアピールしてみます。
底に1mm幅のスリットを入れます。

wz504
wz505
内部側に1mm幅の溝をプラ板で製作 ストッパー的なものは作ってないので上に可動させるとき割と中身がポロっと外れてしまいますが、収納時や展開時に落ちることはないのでこのまま進めました。

wz506
wz507
wz508
一度上にスライドさせ、プラ板溝を底側スリット部に合わせてから前方にスライドさせます。収納時はプラ板の部分が下方に突出しますが胸内部が割と空洞なので干渉はほぼありません。工作自体は簡素ですが、胸部可動部分との兼ね合いもあり、アイディア出すのに半日かかりました…

wz509
改造後

wz510
前にスライドさせたせいで後ろにポッカリ穴が…

wz511
wz512
緊急時の脱出口…は無理があるので(ジャングルジムか)、蓋してみました。ヒンジ可動の折りたたみ式。平らだとサイドから丸見えなのでウイング状になってますが微妙…

wz513
その後全体に適当に筋彫りやらプラ板貼りやらで情報量を増やしてやりました。とりあえず傷チェック用にサフ吹いた現状がこれ。急遽拵えた為近くで見るとかなり酷いですが定年退職前の刑事のような温かい心で見てやってください。補修は来年になりそうです。

wz514
バックビュー
フロントに比べてかなり侘しい…。今後もう少し弄ってみます。
リアアーマーはプラ板で大型化してます。

wz515
バストアップ
マシンキャノン内部はもともと精工な出来なのでスライドギミック追加は内部が見えて割と効果的です。

wz516
肩の筋彫りは左右対称ですが、前後は微妙にデザイン変えてます。違いすぎないようそれなりにしました。

wz517
腕の小羽は機能不明でデザインどうするか迷ったのですが、そのままだとあっさり過ぎなのでそれっぽく線を追加しました。

wz518
足首はつま先側を縦真っ二つにして2mm前後幅詰め。さらにつま先をプラ板で1センチほど延長してます。ここら辺は好みの問題ですが、自分はウイングゼロ=軽量二脚なイメージなのでホッソリさせました。Z系のスレンダーな感じに。

wz519
とりあえず今回はここまでです。当初はクリスマスまでに仕上げるつもりでしたが、なんやかんやで収拾つきませんでした。羽は付けてませんが前回から全く変化してません。本体に合わせてアレンジする予定です。ついでにバスターライフルも改造予定。しかし、開発資金が底を尽きてしまいました…たいした改造は出来そうにないです。

そんなこんなで前途多難かつゴリ夢中(誤字ですが、変換真っ先にでたのがコレ…バナナか)ですが、ポジティブシンキングでとりあえず
「やってみるさ。」

それではよいお年を。

                         
                                  
        

バルバトス売ります

category - ガンプラ
2016/ 12/ 03
                 

bl213
制作費が底を尽きたので、先日完成したバルバトスルプス販売いたします。→12/5よりぐるぐるオークションにて出品中です。http://www.guruguru.net/auction/item/1770080338
なお製作代行も承ります。制作費はご紹介したバルバトスルプスの合わせ目処理なしの場合で3500円ぐらい(作業内容変更でもっとお安くもできます。尚キット代、送料は含みません)製作代行希望の方は下記アドレスに「代行希望」のタイトルでお住まいのご住所・お名前・製作物の希望内容を記入してご連絡ください。個人情報は一切公開しませんのでご安心ください。

商業的な話になって申し訳ありませんが、ご自分で作れない方や、時間がない方は是非ご依頼ください。

連絡先:tbkw22483@yahoo.co.jp

ご連絡お待ちしております。
                         
                                  
        

バンダイ 1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス 製作期その2

category - ガンプラ
2016/ 12/ 02
                 
bl201
家を改装しておりまして少し遅くなりましたが、バルバトスルプス完成しましたのでUPします。実質3日で完成。最近のガンプラは凄い!(今更…)ハイレゾのウイングゼロも決まったし、期待は高まるばかり。てかPGのウイングゼロ作る気なくなったじゃないか…また墓地行きか!!うおおーっ(ウイングゼロいったい何バリエーション出るのやら)…気を取り直してバルバトスルプス いっきまーす!!!

bl202
bl203
膝後ろのアーマー
周知の通りコイツが干渉して可動範囲が狭まってます。取り付け位置をずらし、干渉部をコの字に空けてクリアランスを確保してみました。(左が加工前で右が加工後です。)今更紹介するほどの事でもないですが、書く事殆どないし…

bl204
bl205
取り付けた画像
可動範囲多少アップしますが、腰周りは全然弄ってないので活用の場はあんまりないかも…アクションにこだわる人は腰リアアーマーも弄って見るといいかもしれません。

bl206
bl207
全体像
塗装はほぼ外装のみ。パープル+ミディアムブルー+ブラック(配合比はテキトー)でシャドーを入れてます。すこしだけウェザリングしてみましたが、ものすごく微妙な箇所なので多分わからないかも…まあウェザリングしなくても勝手に汚く仕上がりますが。黄色部分は金で塗ってみたのですがチャチな感じだったので汚くしてみました。

bl208
bl209
ついでにフレーム
股関節の塗装部は見なかったことに

bl210
背部アーム展開状態
差し替え式でおまけ程度な感じです。腕に自信があるなら、完全変形に挑戦してもいいかも。

bl211
bl212
プロポーションは完璧 今回は顔をやや劇中風にして見ただけですが、自分流にいろいろアレンジしても楽しいキットだと思います。
bl213
コスパで選ぶなら1/144ですが、ディテールにこだわりたい人や金に糸目はつけん人にはお勧めの一品。
以上1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス 製作記をお届けしました。次回はヴィダールを作りたい…ですがお金がないので買えません。ウイングゼロの続きかな。多分…それでは
                         
                                  
        

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス 製作期その1

category - ガンプラ
2016/ 11/ 27
                 
balu01
ウイングゼロそっちのけで息抜きにバルバトスルプス作ってみました。デザイン考えながら作るのすっごいしんどいのでつい…
フレームだけでも装甲つけてもプロポーションバランスが崩れない好キットです。今回は頭部周辺のみの簡素な改造で仕上げていきます。ついでに腰サイドアーマーの後ハメ処理をご紹介いたします。それではレッツラゴー!!

balu02
balu03
頭部フレーム
そのままで十分ですが、劇中の作画が非常にカッコイイので、それに準じて小改造してみました。ツインアイを凶悪なイメージに変更(I①を削っただけです)、ハセガワのホログラムフィニッシュを貼り付け、高級感を演出してみました。削った部分に隙間が出来ますが、削った部分を黒く塗ってやれば気になりません。

balu04
フレームを作った後で装甲を貼り付けて行く作りのキットです。その気になればカットモデルや半壊モデルなんかも出来ます。

balu05
balu06
balu07
装甲をつけた状態
劇中では口ダクトは一本(下ダクトが顎パーツに隠れる)の描写が多かったので下側をラッカーパテで埋めてやりました。赤い顎パーツはややゴツイ感じがしたので削って細めに。額アンテナは正面からみて目が隠れてしまうので削って正面からも目が見えやすくしてみました。

balu08
首のパーツ(D29)の上部分(頭部と干渉する部分)を若干削り首を少しだけ下に下げれるようにしました。胸部装甲パーツ(A②)も顎と干渉するので中央のへこんだ部分を前方向に少しだけ削って見ました。
この改造で歌舞伎役者のように睨みを利かせるポーズが取れる…気がします。

balu09
腰サイドアーマーの後ハメ処理
サイドアーマーの合わせ目は無理して消す必要はないのですが(パッケージアートはパネルラインとして残ってあるし)、せっかくなのでやってみました。(画像は左サイドアーマーです)塗装派の方は是非ご参考ください。ほかにいい方法あるかもしれませんが…。いつものことですが自己責任でお願いします。
最初にB24の干渉部を削っていきます。まずE②にB23とB24を取り付けB24を後ろにまわして前側に線を引いてアタリをつけます。後ろ側は大体でいいです。
balu10
削った画像。やりすぎると削った部分がモロに出てしまうので、様子を見ながら少しずつ削るといいでしょう。
balu11

B23を削ったっもの。ニッパーで切り落としていきます。接着面を少し残してやります。(残しすぎるとはまりませんが様子見ながら削るといいです)
balu12
B23の前方側面にコの字の穴を開けてやります。位置は画像参照(注:ここがベストではありません。もう少し下側の方が良かったかもしれません)
balu13
B23にB24を付け、削った部分を合わせます。
balu14
E②とE③を張り合わせ、合わせ目処理(これが一番面倒)してB23、B24を垂直方向から斜めに倒すように取り付けます。こんな説明では伝わらないか…もっと懇切丁寧に説明してるサイトがあるかも…なのでわかんなかったらごめんなさい、ググってください。

balu15
他数箇所合わせ目処理して組み立て完了。他の合わせ目部(200mm砲、ソードメイス等)は後ハメは特に必要ないかと(頭部ヘルメットは一応後ハメ化してみましたが、若干ぐらつくのでお勧めしません)

年末を締めくくるにふさわしいモデル(まだ1ヶ月あるけど)。クリスマスプレゼントにねだってみるのも良しかと。次回は簡単に塗装して終了の予定です。そんでは