w0x01
久しぶりにゼロカスの続きです。
1/100MGウイングVer.Ka(小改造してます)と比較。ほぼ2倍の大きさです。

w0x02
頭部
あれからさらに小型化
顔もポリパテからプラ板製に作り直してます。
サフ吹きたかったのですが、シンナーが空欠のためご了承くださいませ。

w0x03
オリジナル武器
シンプルですが本体よりでかいです。ライジングアローみたいですが、ゼロカスには弓矢が非常によく似合います。


w0x04
天使ktkr!!

それでは。
2017.07.11 Tue l ガンプラ l コメント (0) l top
DSC00701
完成しましたので補足説明と共にご紹介いたします。

DSC00705
前回頭部丸ごと差し替えでしたが、マスク着脱式に変更しました。マスクはプラ板で自作。両面テープで付けてます。

DSC00709
フェイスオープン 旧キットほぼそのまま。鼻が高くてシャープな造形。

DSC00711
武器
ビームライフルはMG ビームランチャーは旧キットをメインに改造しました。それぞれ延長工作してます。ビームランチャーはグリップをMGから移植、可動します。発射口はウェーブのNEW U・バーニア(丸)Sを使用してみました。

DSC00713
ビームシールドはピン径の大きさが同じなので旧キット版もそのまま付けられます。白を吹いて発光イメージを強調してみました。

DSC00714
バックビュー
MGのバックパックはやや小さい感じですが、モールドが細かくて美しいです。ちなみに塗装はバックパックよりも足の裏のほうが大変でした。膝関節は軸が細すぎるのでプラ板プラス真ちゅう線で補強。可動範囲が狭くなるので外装(縞々のパーツ)干渉部に切れ目を入れてます。

DSC00716
ビームランチャーをマウントできますが、旧キットを使用しているため、下アームがうまくはまりません…。脹脛スラスターはシルバーにしてみました。

DSC00720
ヴェスバー
砲口を自作した以外はほぼノーマルのままです。スライド軸が細く折れやすいので真ちゅう線をねじ込んだくらい。

DSC00723
フル装備

DSC00724
旧パケ画ポーズ
ビームシールドの可動範囲がいい感じ。

DSC00725
腰サイドアーマー
やや強度不足なので周りにプラ板で補強。プロポーションの変更も兼ねています。

DSC00728
コックピット。
内部をシルバーで塗装したので若干見えやすくなった?気がします。パイロットも設定通り塗装しました。

DSC00729
胸部インテークは透かし彫りになっているため、内部メカを金属色に塗るとかなり良くなります。関節部は塗らないほうが無難。肘にヒビが…。補強工事のオンパレードでした…。

DSC00734
最後にロボット魂デナン・ゲーと記念撮影。久しぶりに箱から出したのにこの扱い…。それでは。

2017.07.01 Sat l ガンプラ l コメント (0) l top
91201
今回は1/100のガンダムF91。
旧キットとMGのニコイチで作っていきます。

91202
頭部
旧キットを使用。フェイスオープンは丸ごと差し替えですが、今見ても傑作。カメラアイのみ後ハメ加工しました。接続は市販のボールジョイント(ジャンク品から漁ったので詳しくは不明。たぶんイエサブ?)

91203
ノーマル版は目の縁にバリ及び欠けがあったのでフェイス部上側を切り取ってプラ板で作り直してます。

91204
首パーツは1mmプラ板で底上げしてます。(画像分かりにくいですが下の白っぽいところがプラ板img src="http://blog-imgs-106.fc2.com/c/c/8/cc89z/91205.jpg" alt="91205" border="0" width="441" height="425" />
91205
胸部
マシンキャノンは取り付け角度を変更。ピンバイスで穴を開け、プラパイプを差し込んでます。首後ろのインテークは設定通りに変更しました。

91206
コックピット
ディスプレイをクリアー板に変更。結構いい感じになるのでお勧め。

91207
ヴェスバー取り付け部
MGはレール部に角度がほぼ無いので、腰に干渉してうまく展開できません。H⑤(H④)の角度を変更し、レール部も切り取ってプラ板で作り直し、角度を合わせて接着。

91208
正面から見たところ。このぐらいハの字が目安。角度は旧キットよりも緩めにしてます。レールは湾曲させるのがミソ。ややムズイので無理そうだったら止めましょう。片方だけ構える分には無改造でも問題ないです。

91209
さらに腰フロント・サイドアーマーを1.数ミリ下になるようにピン位置を変更。上記の改造で無理なく両方同時にヴェスバー構えられます。腰アーマーの位置変更はプロポーションも良くなるのでおすすめ。
腰は中央部を2mm延長、サイドアーマー大型化、アポジモーターの形状変更等をしました。左サイドアーマーは裏のジョイントが腿と干渉してしまうのでH26のパーツを使わずにB17にピンを接着して干渉を減らしてます。

91210
脚部
太腿と脛でそれぞれ数ミリずつ延長。

91211

今回はココまで。それでは。
2017.06.15 Thu l ガンプラ l コメント (0) l top
gp0101
画像はRG 1/144「ガンダム試作1号機フルバーニアン」です。

gp0102頭部は頬を削り小顔化、ヒサシと額の赤いパーツを削り劇中のイメージに近づけてます。

gp0103
gp0104

こちらの制作費は3000円より承っております。その他プラモデル(スケールモデル・キャラクターなんでもOK)も製作承りますのでまずはご相談ください。ではでは。
2017.02.18 Sat l ガンプラ l コメント (0) l top
pz01












pz02
ゼロカス期待してくださった方・・・がっかりさせてすいません。MG 1/100 「ウイングガンダムプロトゼロ」です。

pz03
pz04
ゼロのバリエーションは武田晴信と武田信玄ぐらいの違いだと思ってたのですが・・・いろいろ違うみたいです。
pz05
頭部
微妙に弄ってます。もともと出来がいいので素組みで問題ないのですが…
pz06
耳を外してもイケメン。なんかνガンダムに見える。

pz07

本キット最大のネック(首だけに…)ここだけ唯一気になりました。キットのままだと首パーツ外さないとパッケージのように見下ろした感じに出来ません。上面と顎裏を削って可動範囲を少し広めました。

pz08
pz09
カラーリングは自分好みに変更。プロトタイプということでプロトタイプガンダムを意識(肩とか)したつもり。腰・腹は赤がきつい感じのでグレーや青にして爽やか系にしてやりました。個性が無くなった気もしますが…
ニュータイプ誌で見かけたイラストのカラーが印象的だったのですが、どんなのか思い出せず結局適当な感じに。おなかは確かこんなんだった気がする…

pz10
pz11
ネオバードモード
シールドにキャノピー風バイナルグラフィックス的なもの?を施して見ました。NASCARのバイナルみたいで個人的にはこういう表現は好きです。

pz12

以上 MG 1/100 ウイングガンダムプロトゼロ でした。
それでは。
2017.02.04 Sat l ガンプラ l コメント (0) l top