2016年12月

        

2016最後のあいさつ

category - 未分類
2016/ 12/ 29
                 
v2vsfreedom
当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。気が付けばもう年末、コメントをたくさんいただき、大変励みになりました。また訪問いただいた方々にも多大な感謝でいっぱいです。来年も楽しんでいただけるようなガンプラを(今のところガンプラばかりですが、来年は他のジャンルも紹介できればと思っております。)お届けできればと思います。来年の抱負になってしまいましたが、来年こそは、ウイングゼロカスタムを完成させたいです。今年もまだ作り続けてますが、中途半端に完成させたくはなかったので、もうしばらくお待ちください。

それではよいお年を。
来年もよろしくお願いします。
                         
                                  
        

バンダイPG 1/60 ウイングガンダムゼロカスタム改造製作記5

category - ガンプラ
2016/ 12/ 24
                 
wz501
ゼロカスの続きです。
wz502
胸部マシンキャノン。キットのままでも結構なのですが、折角なのでスライドギミックを追加してより存在感をアピールしてみます。
底に1mm幅のスリットを入れます。

wz504
wz505
内部側に1mm幅の溝をプラ板で製作 ストッパー的なものは作ってないので上に可動させるとき割と中身がポロっと外れてしまいますが、収納時や展開時に落ちることはないのでこのまま進めました。

wz506
wz507
wz508
一度上にスライドさせ、プラ板溝を底側スリット部に合わせてから前方にスライドさせます。収納時はプラ板の部分が下方に突出しますが胸内部が割と空洞なので干渉はほぼありません。工作自体は簡素ですが、胸部可動部分との兼ね合いもあり、アイディア出すのに半日かかりました…

wz509
改造後

wz510
前にスライドさせたせいで後ろにポッカリ穴が…

wz511
wz512
緊急時の脱出口…は無理があるので蓋してみました。ヒンジ可動の折りたたみ式。平らだとサイドから丸見えなのでウイング状になってますが微妙…

wz513
その後全体に筋彫りやらプラ板貼りやらで情報量を増やしてやりました。とりあえず傷チェック用にサフ吹いた現状がこれ。
wz514
バックビュー
フロントに比べてかなり侘しい…。今後もう少し弄ってみます。
リアアーマーはプラ板で大型化してます。

wz515
バストアップ
マシンキャノン内部はもともと精工な出来なのでスライドギミック追加は内部が見えて割と効果的です。

wz516
肩の筋彫りは左右対称ですが、前後は微妙にデザイン変えてます。違いすぎないようそれなりにしました。

wz517
腕の小羽はモールドを追加しました。

wz518
足首はつま先側を縦真っ二つにして2mm前後幅詰め。さらにつま先をプラ板で1センチほど延長してます。
wz519
とりあえず今回はここまでです。当初はクリスマスまでに仕上げるつもりでしたが、なんやかんやで収拾つきませんでした。羽は付けてませんが前回から全く変化してません。本体に合わせてアレンジする予定です。ついでにバスターライフルも改造予定
それでは。
                         
                                  
        

バンダイ 1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス 製作期その2

category - ガンプラ
2016/ 12/ 02
                 
bl201
バルバトスルプス完成しましたのでUPします。実質3日で完成。最近のガンプラは凄いです。組み易くて高クオリティなものが簡単にできるのでおすすめです。
bl202
bl203
膝後ろのアーマー
干渉して可動範囲が狭まってます。取り付け位置をずらし、干渉部をコの字に空けてクリアランスを確保してみました。(左が加工前で右が加工後です
bl204
bl205
取り付けた画像
可動範囲多少アップしますが、腰周りは全然弄ってないので活用の場はあんまりないかも…アクションにこだわる人は腰リアアーマーも弄って見るといいかもしれません。

bl206
bl207
全体像
塗装はほぼ外装のみ。パープル+ミディアムブルー+ブラック(配合比はテキトー)でシャドーを入れてます。すこしだけウェザリングしてみましたが、ものすごく微妙な箇所なので多分わからないかも…。黄色部分は金で塗ってみたのですが面白味がないので汚くしてみました。これはこれで駄目だったかも・・・

bl208
bl209
フレーム
bl210
背部アーム展開状態
差し替え式。腕に自信があるなら、完全可動に挑戦してもいいかも。

bl211
bl212
プロポーションは完璧 今回は顔をやや劇中風にして見ただけですが、自分流にいろいろアレンジしても楽しいキットだと思います。
bl213
コスパで選ぶなら1/144ですが、ディテールにこだわりたい人にはお勧めの一品。
以上1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス 製作記をお届けしました。それでは