00タイトル

今回は頭部形状をかえて見ます。プラモデルを改造するよりはるかに簡単です。Let's Try!

とりあえず下準備。前回の続きからですが、前回ヘルメットの裏側(リネームしてなければobj○○と表示されてるはず)を別オブジェクトでつくっていましたが、これをheadオブジェクトに統合させます。統合させないとヘルメットを変形させたとき、裏側が突き出て表示されることがあり、不恰好な感じになってしまいます。やり方は下図参照ください。01オブジェクトの合成これでヘルメットと裏側が一緒になったのですが、この状態だと頂点がくっついてません。なので頂点をくっつけてあげます。

オブジェクトを選択したら重なった頂点をくっつけます。オブジェクト→近接する頂点をくっつけるを選択します。03頂点まとめてくっつける
04くっつける2

これで下準備完了
それでは形状を変化させてみましょう
目つきを変える方法は目自体を変えなくても、顔を動かすかヘルメットのツバを変形させるだけで十分変化します。最初にヘルメットのほうを変化させて見ました。
05変形させる
06顔1
07顔2

移動・拡大・回転ツールを使うだけでかなり変化します。変顔からイケメン顔までいろいろ楽しめます。
次に顔を変化させてみます。前回ロックしたままの場合は鍵アイコンを消しておきます。
08顔3
09顔4

別のガンダムにもデータを流用できます。今回は1番すぐに出来そうなZプラスにしました。ほかにもSガンダムやガンダムMK-Ⅲなんかにもできます。また、全然似てないMSも流用すればバランスがつかみやすいので何もない状態から作るより楽につくれます。
11zプラス

ガンプラをいきなり改造するよりもまずはデジタルデータや絵でプランニングしてやったほうが失敗しないと思います。慣れてくれば必要ないかもしれませんが。デジタルのモデリングは左右対称が簡単。手作業では地獄の作業があっさりできます。以上メタセコイアでガンダム作りでした。次回は・・・謎。それでは。


2017.02.21 Tue l メタセコイア 3Ⅾモデリング l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿